ラブホテルの種類

ラブホテルは二つのタイプがあります。それぞれ特徴が違いますので、一つ一つ解説します。


ラブホテルには二つの種類があります

ラブホテルとは言えホテルですから、一般的なビルのような建物を連想する人が多いでしょう。
確かにラブホテルはそのタイプは最も多いですが、それだけではないのです。

もう一つ、ワンガレージタイプという種類のラブホテルがあります。
あまり都会では見られない形式で、地方などの人が密集していないエリアでよく見かけます。
ワンガレージタイプは決して古い種類のラブホテルではなく、ドライブの途中で立ち寄れることを目的に作られているのです。


ビル形式の特徴

ビルタイプはそのまま、従来のホテルと同じような形になっています。
ビルの中に入って受付を済ませ、エレベーターで部屋へあがる仕組みですね。
都会の中にあるものが多く、電車でのアクセスは良好です。
ですが、都会の中のビルタイプは駐車場がついていないところもありますの注意したいですね。
中には郊外にあるものもあり、そこは駐車場が完備しています。


ワンガレージ形式の特徴

ワンガレージタイプは、一つ一つの部屋に駐車場がついているタイプです。
簡単に言いますと、駐車場の上に部屋がついている形です。
空いているところに車を停めたら、そこから部屋に入って利用する形です。
駐車場に入ることでチェックインできます。
他の人と鉢合わせにならないのも特徴ですね。
ですが、都会の中にはあまり見られない種類ですので気をつけてください。